FANDOM


猿の惑星:創世記
Rise of the Planet of the Apes
監督 ルパート・ワイアット
脚本 アマンダ・シルヴァー
リック・ジャッファ
製作 アマンダ・シルヴァー
リック・ジャッファ
ピーター・チャーニン
ディラン・クラーク
製作総指揮 トーマス・H・ハンメル
出演者 ジェームズ・フランコ
アンディ・サーキス
フリーダ・ピントー
ジョン・リスゴー
ブライアン・コックス
トム・フェルトン
音楽 パトリック・ドイル
撮影 アンドリュー・レスニー
編集 コンラッド・バフ
マーク・ゴールドブラット
製作会社 チャーニン・エンターテインメント
WETAデジタル
配給 20世紀フォックス
公開 Flag of the United States 2011年8月5日
Flag of Japan 2011年10月7日
上映時間 106分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $90,000,000[1]
興行収入 $409,382,629[2]
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

猿の惑星:創世記』(さるのわくせい ジェネシス、Rise of the Planet of the Apes) は、2011年公開のアメリカのSF映画。『PLANET OF THE APES/猿の惑星』以来10年ぶりとなる『猿の惑星』シリーズの新作で、新たなシリーズの起点と位置づけられたオリジナル・ストーリーである[3]

当初は2011年6月の公開が予定されていたが、8月5日に延期された[4]。日本での公開は10月7日。

あらすじ 編集

アルツハイマー型認知症の治療研究中、実験台に使われた猿シーザーが突然変異を起こし、やがて他の猿たちを率いて革命を起こす。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹替
ウィル・ロッドマン ジェームズ・フランコ 関智一
シーザー アンディ・サーキス チョー
キャロライン・アランハ フリーダ・ピントー 東條加那子
チャールズ・ロッドマン ジョン・リスゴー 阪脩
ジョン・ランドン ブライアン・コックス 稲垣隆史
ドッジ・ランドン トム・フェルトン 阪口周平
スティーヴン・ジェイコブス デヴィッド・オイェロウォ 落合弘治
ロバート・フランクリン タイラー・ラビーン 塩屋浩三
ロドニー ジェイミー・ハリス 高瀬右光
ハンシカー デヴィッド・ヒューレット 後藤敦
ジョン・ハミル タイ・オルソン 大川透
アリス・ハンシカー マディソン・ベル 羽飼まり
トッド・ハンシカー ジョーイ・ロッチェ 行成とあ

製作 編集

企画 編集

原題には過去に『Caesar』『Caesar: Rise of the Apes』『Rise of the Apes』と呼ばれていた[5]

本作は旧シリーズの特定の作品のリメイクではないが、旧シリーズのいくつかの要素が取り入れられている。

監督を務めるルパート・ワイアットは「これは神話の一部分であり、そう見えるようにしなくてはならない。他の映画との関連はなく、オリジナル・ストーリーである。旧作が好きな人も満足してくれるだろう。『バットマン ビギンズ』のようにファン層を取り込めるかでこの映画の真価が問われる」と語った[3]

キャスティング 編集

アルツハイマー型認知症治療の研究者をジェームズ・フランコが演じる[6]。当初、フランコの役にはトビー・マグワイアが検討されていた[7]

2010年6月22日、フリーダ・ピントージョン・リスゴーの参加が判明した[8]

シーザーを演じるのは、キング・コングを演じた経験を持つアンディ・サーキスである[9]

撮影 編集

撮影は2010年6月にバンクーバーで始まり[10]、その後サンフランシスコ[10]オアフ島でも行われた。

VFX 編集

旧シリーズと異なり、猿のメイクはWETAデジタルCGI技術で施される[11]

脚注 編集

外部リンク 編集

No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki