FANDOM


テンプレート:基礎情報 書籍猿の惑星』(さるのわくせい、La Planète des singes、アメリカ: Planet of the Apes、イギリス: Monkey Planet) は、フランス小説家ピエール・ブールによるSF小説。同名の映画版とともに知られる。

それまでに類をみないストーリー展開と人間社会への辛辣な風刺をこめた作風は今なお高く評価されている。ブールが仏領インドシナにて現地の有色人種を使役していたところ、同じ有色人種である日本人の率いる軍の俘虜となった「立場の逆転」の経験を基に描かれた[1]。またその結末は、ロッド・サーリングによって書かれた映画版におけるハリウッド的で視覚に訴えるものと異なり、さらにもうひと捻りしたものになっている。

ストーリー 編集

太陽系の調査がほぼ達成された近未来、人類初の恒星間飛行が行なわれることになった。目的地は地球から300光年先のベテルギウス。宇宙船内で2年間、実際の時間で300年を経て3人の宇宙飛行士が到着した惑星は、猿が人間を狩る星であった。

映画版と異なり、猿には手足が6本あり、英語ではなく独自の言語を話している。また、結末は二重オチになっている。

日本語訳 編集

翻案 編集

詳細は猿の惑星シリーズを参照

20世紀フォックスは、『猿の惑星』の直接的な映画化を2度製作している。1つめは1968年に公開された『猿の惑星』で、フォックスはその後1970年代に『続・猿の惑星』から『最後の猿の惑星』まで同作の続編を計4本公開した。2つめは2001年に公開された『PLANET OF THE APES/猿の惑星』で、こちらの方がより原作に忠実なものとなっている。さらに2011年、フォックスは『猿の惑星』から着想を得た新たな物語として『猿の惑星: 創世記』を公開する。

映画以外のメディアにおける『猿の惑星』の翻案としては、1974年に放送されたフォックス製作のテレビドラマや、その翌年に放送されたアニメシリーズがあり、さらに、これらに付随してノベライズやコミカライズが多数発表されている。

影響を受けた作品 編集

これらの他にもさまざまなオマージュパロディ作品が存在すると考えられる。

  • ゴジラ対メカゴジラ』、『メカゴジラの逆襲』 - 本シリーズ同様、サルの顔をしたブラックホール第三惑星人が登場。
  • SFドラマ 猿の軍団』 - 同時期に円谷プロダクションが制作したテレビ特撮番組で、タイトルや設定に多大な影響を受けている。
  • 宇宙戦士バルディオス』 - ロボットアニメだが、広川和之によれば、物語の謎は本作のアイデアを使用している。
  • 『猿の惑星は地球』 - クロムモリブデンによる舞台演劇作品。『猿の惑星』のDVDパッケージには結末が描かれており、それはすなわちネタバレである、という点をモチーフにした作品。
  • サルヂエ』 - 司会者は猿の惑星からやって来たサルという設定で、特殊メイクや衣装も本シリーズに登場するオランウータンを意識している。
  • クレヨンしんちゃん』 - テレビスペシャルで「犬の惑星」「続・犬の惑星」というパロディが放送された。
  • スペクトルマン

参考文献 編集

テンプレート:Lit-stubar:كوكب القردة be-x-old:Плянэта малпаў (раман) bg:Планетата на маймунитеet:Ahvide planeet fi:Apinoiden planeetta fr:La Planète des singes he:כוכב הקופים it:Il pianeta delle scimmie (romanzo) nl:De Apenplaneet pl:Planeta małp pt:La planète des singes ro:Planeta maimuțelor (roman)sv:Apornas planet (roman) vi:Hành tinh khỉ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki